FC2ブログ

希望

毎日、毎日、暗いニュースばかり

コロナウィルスは全世界の人々にとって深刻な問題なので当然です…ですが、精神的に追い詰められるのは最小限に止めたいものです。


なので、あえて、今日の記事は発芽・開花という希望が持てる写真を掲載させて頂きます。



ルピナス 沢山咲きそう





こちらも




何かしら???





八重のチューリップ咲くのが待ち遠しい





今年はボタンが沢山咲きそうです






ジャスミン名前の響きも匂いも大好き






垣根のコノテガシワにもこんなに小さくて可愛い花が咲きます




コロナウィルスに対して決定的に効くお薬が一刻も早く出来上がって、一刻も早く全ての人の治療に使えるようになりますように




にほんブログ村へ♪




人気ブログランキングへ♪








スポンサーサイト



テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体

リサイタル延期…賢明な判断

コロナ問題が一向に解決しません

イライラ感が高まっている人が多いと想像します。


何とも理不尽な気分…

この厄介なウィルスのせいで、どれだけ多くの人が迷惑している事でしょう

迷惑どころの騒ぎではないそう感じていらっしゃる方も多い事でしょう。


季節は春…本来なら暖かい風に誘われてお出かけ気分が高まるものですが、今年はとんでもないことになってしまっています。


そんな中、旧友のピアノニストのリサイタル延期のお知らせが届きました。

本来なら今年の5月末に開かれる予定でした。

音楽大学や高校でピアノ指導をしている旧友は定期的にリサイタルも開いていて、真摯に音楽に向き合うその姿勢に頭が下がる思いです。

ただ、そのリサイタルの時期がたまたま我家の旅行の時期と重なることが多くて、ここ数年は聴きに行けていませんでした。

でも、今年はコロナ問題のせいで旅行の計画を立てるどころでは無いため、旅行のせいでパスという事にはなりませんでした。

だから、最初のご案内に対しての私の返信は「是非、伺いたい!でも、コロナ次第です。」という内容になってしまいました。

それに対する旧友の返信は「お気持ちごもっともです。迷いに迷ってリサイタルを開くことにしました。無理のないように。」というようなものでした。


もう少し様子を見て、リサイタル間近にまた改めて連絡をするつもりでした。


しかし、今日、改めて彼女から「リサイタルを延期することにしました。」という内容のメールをもらいました。


延期した結果、リサイタルは1年後の開催に決めたとのこと。

既に、会場を押さえたのでしょう…1年後の日時が明記されています。


とても賢明な判断だと彼女を評価したいと思います


ピアノリサイタルを開催するという事は並大抵のことではありません。

練習配分や体調管理などその経験者でなければ想像する事すら難しい厳しい世界です。


いつ終息するのか予測も出来ないコロナウィルス問題に振り回されていては、とてもでは無いですが当日に満足のいく演奏をすることは出来ないでしょう。

思い切って、「1年後!!!」と決定したことはとても素晴らしい決断であると思います。


だいたいオリンピックだって1年後に本当に開けるのでしょうか?????????

個人のリサイタルならまだしも、世界中の人が絡む大がかりなイベントです。

今からすぐ準備に入っても、ギリギリかもしれないのに、今現在のウイルス問題が一向に解決の兆しも見えてこないので、どっちも中途半端な状態に陥っているようにしか思えません。


いっそのこと「オリンピックはもっと先に延期!!!!!!!」と決定してしまえば、取りあえずオリンピックに関しては横に置いておいて、目の前の深刻なウイルス問題にもっと時間を割けるのでは?????と私などは考えてしまいます。


こうやって記事を書いているだけで、イライラ感が益々、増幅します


何とかしてください


何処に向かって訴えればよいのでしょう。。。。。。。






季節は春。

外は暖か。

人混みはですが、公園で少しの間、過ごすのはOKでは










にほんブログ村へ♪




人気ブログランキングへ♪





テーマ : 芸術・心・癒し
ジャンル : 学問・文化・芸術

図書館展と桜とピアノレッスン

ここ数年、この季節はいつも通っている絵画教室の図書館展と図書館前の公園の桜を眺めるのが恒例です…

市内の図書館入口脇のイベントコーナーで春に秋に展覧会が設けられます。


受付がある訳でもなく、誰でも気軽に覗けるので、「ちょっと寄って鑑賞」というのにはGOOです。


私は搬入の日が都合悪く、前もって作品をお預けしていましたので、今日、初めて行ってみました。





今日はほとんど人もいなく、シーンとした感じでしたが、本当に気軽に鑑賞出来て返って良かったです


私は他人に搬入をお願いしましたので、重い額縁は申し訳なく思って、軽いフレームのペン画にしました。

先日の教室展の時に展示した5点のうちの1点です。



以前、訪れたスイス・ベルンの街角の風景の一コマをペン画にしてみました。(水性カラーペンのみで描いています。)

このモチーフでは、「ペン画に水彩で着色」「水彩画」という画法でも何枚も描きました。サイズも色々。

有名観光名所よりも、こういう何気ない、街角の風景とかを絵にする方が好きかも知れません。



ピアノレッスンが控えていましたので、さ~っと鑑賞して、ちょっと慌て気味に公園の桜を見に行きました。


もう満開のピークは少しだけ過ぎていました。


実際の色よりは。。。。。



少々、加工しました。

実際の桜の色はもっと白っぽいです。

目で見れば綺麗なのですが、写真に撮ると何となく淋し気で、、、、、

このぐらいピンクが濃いと良いのにという思いで、加工しました。


しかし、それにしても、こんなに憂鬱で淋しい気分の図書館展と桜鑑賞は初めてです

理由は、言うまでもなく、コロナウィルス

私だけではなく、皆が同じような気分だと思います。

公園でのお花見もマスク姿で…


少し前までは、こんな事態になるなんて誰が想像していたことでしょう。。。。。。


一日も早い収束・終息を願うばかりです。


ササっと桜見物も済ませ、帰宅。

その後のピアノレッスンでは、お互いがマスク姿だという事以外はいつもと変わらぬ生徒さんとのやりとりで、心がほっこりとしました。



にほんブログ村へ♪




人気ブログランキングへ♪








テーマ : 芸術・心・癒し
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

すぎむら のりか

Author:すぎむら のりか

ピアノ指導歴40年超え!
現在、愛知県豊明市にて、ピアノ教室『ルミエール』を開いています。
お問い合わせは下のメールフォームから宜しくお願い致します。


アクセス
ランキング
ぜひ応援(クリック)してください☆





最新記事

コメント
月別アーカイブ

カテゴリ

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請
お気軽にどうぞ!

⇒この人とブロともになる


リンク
⇒このブログをリンクに追加する